20110417

101in1 Games iPhone 全種目レビュー01

さぁお待ちかね、iPhoneアプリ115円、
一本1円以下というデフレしまくったコスパで有名な、
あのどんだけスポーツ980円の姉妹作で有名な、
Nordcurrentの自信作を全種目レビューだ。

01*水中戦争
ヤドカリくんを左右に動かして編隊組んで迫ってくる敵たちを撃ち殺そう。
要は出来の悪いインベーダーみたいなもんで、
ヤドカリの殻から発射される空気がショット代わりになる。メルヘンチック。
だがショットボタンというものが存在せず、一定感覚で自動的に弾が発射されるので、
狙って当てるのはけっこう難しい。
タコやらクラゲやらが血眼でこちらの命(タマ)取りにくるが、
このヤドカリはいったい何をやらかしたんでしょうか。
最初からやたら難易度が高くて出鼻を挫かれる。地獄へようこそ。

02*スーパーブレイカー
出来の悪いブロック崩し。
バーの端に当たってもちゃんと上に跳ね返るところは鬼帝よりはマシだが、
だんだん弾が速くなるのでやっぱり難易度は高め。
全部壊さなくてもクリア出来るのが救い。
「難易度高くすればマンネリ解消できてウマイ」とかって思ってなきゃいいんですが。
何を思ったのか全体的にゴシック風で統一されていて、
ステージ開始時にコウモリが集まってきて弾になるという、
Nordcurrentの技術力が結集した最高にカッコイイ演出が導入部に入る。
ただの弾がデミトリ気取りかよ。

03*45のタワー
ただでさえ116本もゲームが入っているのになんだこの俺の不安を煽る題名のゲームは。
上の方から虫だかなんだかよくわからないモノが下の方の城に攻め込んでくるので、
道のあちこちに砲台を設置してブチ殺そう。
攻撃力や範囲が良い砲台ほどコストはかかるが、敵を倒すと所持金が増えるので、
判断力が求められる。タワーディフェンスに近い。
例によってどんスポの緩さが嘘のような高難度だが、
ルールも独自的でまぁまぁ楽しめる。どうしたNordcurrent! ちょっとオモシロいぞ!

04*流星雨
次々に降ってくる隕石から街を守るため地上砲台を操作して撃ち落として行こう。
やっぱりどっかで見た気もするが、「左右移動で星獲り」に比べると
途方もないクオリティの高さと言ってもいい。
これがNordcurrentの真の実力だ!
すごいハードルの下がり方だと我ながら思う。

05*トマトキング
ガチャピンとムックを悪魔合体して失敗させたみたいな
緑色のバケモノの両手を操作して、左右から迫るトマトのバケモノを
ベチャア! と潰しまくろう。バケモノだらけ。
ちょっと雲行きが怪しくなってまいりましたが、
こうなるとむしろ俄然やる気が出てくるのが俺のいいところ。

06*ホワイトクリスマス
「新しいストーンともう一個のホワイトストーンの間で、
少なくとも1ライン(タテ、ヨコまたはナナメ)埋まるよう、
ホワイトストーンをうまく配置していくのが目的のゲーム」
……ってヘルプに書いてあるんだが、どうみてもオセロですよね。
「リバーシです」って説明6文字に出来るんだけどね。

07*スノーバトル
次々に顔を出すクソガキどもにサンタがプレゼントを投げ付けて成敗する痛快アクション。
どんなセンスしてんでしょうか。
もぐらたたき的にポンポンとガキを指で叩けばほぼ完封で勝てる。いつもの感じですね。

08*クリスマスフリーウェイ
クリスマスシリーズ。
ソリに乗ったサンタが下から上に進んで行くので、
iPhoneを傾けて操作しつつ障害物をかわして行こう。
はいはいはいはい、どんだけ101らしくなって参りましたよ!
雪だるまとか木やらが障害物になるのはわかるんだが、
本来サンタの味方であるはずのトナカイまでが大量に障害物として登場するのは
いったいどんなバックストーリーがあるのだろうか。

09*秘宝
悲報。
20枚のパネルをめくっていき、同じ絵柄を見つけるという、
要は神経衰弱ゲームである。制限時間内なら何度でもめくれるのでヌルゲー。
特筆すべき点無し。次の10番までがクリスマスシリーズ。

10*プレゼントキャッチャー
屋根の上からサンタがボコボコプレゼントを落下させるので、
左右に動いて上手にキャッチしていこう。ゲーム&ウォッチ。
しかしこのゲームのサンタはどれも酷いな。
子供の夢を打ち砕くことに全力を注ぐその姿……まさに外道。



ゲームのアンロックがどうしてもできなくて、
どうしようと思ってたら「アンロックしていいですか?」の
画面で「はい」ではなく「いいえ」を押せば
ちゃんとロック解除されるというすごい仕様だった。
マジメにゲームを遊びたいユーザーと、もう二度と遊びたくないユーザーの両方を
混乱させた挙げ句脳みそを爆発させる恐ろしい気遣いですね。

どんだけスポーツ101

0 件のコメント:

コメントを投稿