20111010

スペースチャンネル10(読売テレビ)

よく考えたら仮面ライダースカルの
「ひとつ……ふたつ……みっつ……」って
罪を数えるシーンはオーズと絡めたネタなのかな。
あのテンション高いアバンの。どうでもいいけども。
スカル良さ過ぎて何度でも観てしまう。DVD返しにいかな。


それはそうと、積んでるゲームが山ほどあるのに
延々とスペースチャンネル5をプレイしてしまう。
いやーもうコレ最高にカッコイイ。
音楽! ダンス! そして宇宙!
それだけに全力投球してて、今後この三つの要素を
組み込んだゲームが何本出ようとこのスペチャンには
絶対敵わないだろうと断言できる。そんなに出ないと思うが。

いい意味でノリだけ。「ダンスで敵を倒せ!」ってのは
バカゲーとしてはよくありそうな内容なんだけど、
このダンス部分の本気っぷりとかカナリヤバイ。
カナリマジデヤバイですよ。チョーヤバイ的な。
ステージ1後半のちょっとタップダンスっぽい
「ダッダッダダッ」って靴を鳴らすとことか
バカゲーらしからぬかっこよさで鳥肌立った。
他にもマイケル救出ステージのマイケルダンスとか、
チアリーダーの「1!2!3!4!スペースチャンネル5!」とか
もうメチャクチャかっこいい。
どうやったらこんなカッコイイゲーム作れるんだよ!

二周目の細かいネタのちりばめ方とか最高に好き。
再放送扱いでステージに(再)マークがつくとか、
登場キャラにいちいち「妹」「偽物」「二代目」みたいな
まったくもって無意味な設定が付加されるのとか、
一周目に出て来たスペース鳥使いがなんの説明もなく
スペース犬使いになってるとか、鳥使いの時点で
かなり意味不明なのにセガは未来を進みすぎだろ!
しかも救出すると犬の鳴き声がコーラスになるとかもう最高。
こういう細部のセンスが異常にいいんだよね。

あくまでバカっぽいノリを貫きながら
ネタ面だけの安易な「バカゲー」方向には流さず、
バカなりの格好良さがしっかり出てるのが素晴らしい。
しかもラストは、ベタな展開ながら少年漫画的に熱いノリで
メチャクチャ盛り上がる。理屈云々じゃなくて、
これまでのステージで積み上げて来た格好良さを知ってるから、
「ダンスでは絶対負けない」という言葉に説得力が出るんだよね。
もう文句の付けようもない。
これがエンターテイメントだよ!


とりあえず早いうちにBIG 3 GUNSHOOTINGと毛糸のカービィは
レビューを書きたいんだけど……また明日だな。
BIG3はもう二の腕パンパンになってしまったのでできない……。
俺はガンダムにはなれない……。
ガンダムAGE、俺も観た方がいいのかな……。
録画しておいてヒマになったらドバッと観るか。

てゆうかハンターハンター、関西では深夜枠だったのかよ!
読売ふざけんな絶対観てやらん。
貴様など録画してCMカットしてやるわああああああ!

0 件のコメント:

コメントを投稿