20111007

銀河一のダンスゲームをもう一度。スペースチャンネル5パート2HD


レビュー書くと言いつつうっかり寝ちゃった。
うん、よく寝た。


そんなわけでスペースチャンネル5!
本作は2002年にドリームキャスト/PS2にて発売された
セガのリズムゲーム第二弾を2011年最新機種で
HD画質に対応させて復刻されたもの。
ソニック、シェンムー、シーマンと当時グッドジョブを
連発していたセガ作品の中でも最高峰の一本だ。
それが2011年! 1000円という価格で!
自宅にいながらに買える!
スバラシイ世の中になったものだ。
技術はスペースチャンネル5のために進歩した。
実際のところ、半プレミアのDC版はともかく
PS2版も中古市場でまずまずの高値を保っている本作、
パッケージ版にこだわりがなければこのHD版が断然お得。
Xbox360ユーザーはドリコレがあるけどね。
なぜPS3で出さん。


ゲームとしては、相手のお手本を覚えて繰り返す、という
リズムゲームの基本を押さえたルール。
時々「敵と逆の動きをしろ」
「一人だけ嘘をついてるから注意しろ」なんて
変則的なルールになるステージもあり、バリエーションは豊かだ。
スペースチャンネル5というテレビ局のリポーターである
主人公ウララが、持ち前のダンスで事件をリポートしつつ
味方を助け悪を倒す……といった内容。
うまくダンスを踊れると番組の「シチョーリツ」が上昇するので、
その数字をパワーに変換して巨悪を倒そう!

リズムゲームのキモとなる「音楽」に関して
本作の完成度はずば抜けており、
これは後に「Rez」「ルミネス」といった音をフィーチャーした
作品で高い評価を受ける水口哲也の持ち味が
十分に活きた結果だろう。
「○」「↓」「×」といった、本来リズムゲームに標準搭載の
絵的な指示をほぼ排除し、純粋に「音ゲー」を追求するその姿勢は
氏の「音楽とゲームの融合」という理念を
非常によく現していると思う。
「音楽のゲーム」ではなく、「音楽とゲームの融合」。
遊んだ時の気持ちよさ、技術よりもノリを重視した
このスペースチャンネル5という作品は、
まるでひとつの音楽そのもののような感動をプレイヤーに与え、
ただのコントローラーを、ひとつの楽器に変える。
ゲームデザインとは何か……そう問われたとき、
俺はただこのゲームを指差すことしかできない。
「音楽でゲームを表現する」という理念の元に
作られた本作は、そのポップな見た目とバカバカしいノリに反して
実に芸術的な側面を持つゲームと言えるかもしれない。

リポーターのウララ、ライバル局のプリン、
敵となる石田彰パージ、そしてマイケル・ジャクソン(本人)
あまりにもアクの強い数々のキャラクターが繰り広げる
ドタバタ劇。踊りと音楽が全ての価値観の頂点に立つ世界観。
ステージが進むたびに増えるバックダンサー。
いちいちステージごとに着替えるウララ。
そしてあまりにも熱いラストバトル……。
惜しみなく原色が使われたグラフィックデザイン同様、
本作は実にカラフルなゲームである。
それがHD画質で! 最新機種で遊べる!
配信が遅れに遅れた本作だが、待っただけはあったよ。


ただ……ゲーム部分は完全にHD画質で視聴に耐えうるものに
進化しているのに、デモ部分の解像度がDC版そのままで、
ハッキリ言ってかなり荒々しいのが……。
最初にオープニングを見た時はそういう演出かとも思ったが、
最後の最後、一番盛り上がるラストの入力場面で
ザラザラガビガビのデモが流れた時はさすがにガックリきた。
コレ……どうにもできなかったんですか?
せっかくのHDバージョンなのに! 発売延期までしたのに!
どうせ移植するなら細部までこだわってほしかった。残念。

いきなり「パート2」の配信ということだが、
システム的には2は1のリファイン版なので、
1をプレイしたことがなくても問題はない。
ストーリーに関しては、ダイジェストではあるが
オープニングのデモシーンを見れば大体わかるようになっている。
まぁ1も配信してほしかったのは確かだけどね……。

エルシャダイが「Lady GaGaが作ったようなゲーム(笑)」と
海外で賞賛されていたが、あんな中身スカスカ、
腐女子ホイホイのキャラゲーより
開き直ったような「ポップさ」で構成された本作のほうが
むしろLady GaGa的と言えはしないだろうか。
ウララもどことなくGaGaっぽい。
いやむしろ順番的にはGaGaがウララっぽいと言えるだろう。
あらゆるセンスが10年先! 当時のセガは本当に最高でした。
俺はメガドラ・サターン期より断然DC期のセガ派ですよ。
シェンムーとかシーマンとか今見るとただのバカだが、
それをあの時代にやったということ自体が素晴らしいのですよ。
人間なんてみんなバカだ。
でも当時それを知っていたのは世界中でセガだけだった。

どうにか続編出せませんかね。マイケルはもういないけど。
偉大な人が次々に死んでいく……。悲しい。
スペースチャンネル5 パート2 オリジナルサウンドトラック 「Vol. チュー!」スペースチャンネル5 パート2 オリジナルサウンドトラック 「Vol. ヘイ!」

0 件のコメント:

コメントを投稿