20111027

デイトナUSAがHDリマスター! セガ色に染まれ!


つーわけでデイトナですよ!
ポリゴンレースゲームの草分け的な存在であるセガが
フォーミュラーカーを題材にしたバーチャレーシングに続いて放ったのは、
日本では知名度が圧倒的に低かったストックカーレースのゲーム!
今でこそNASCARなんかが有名だが、当時日本でレースと言えばF1であり、
丸いサーキットをグルグル回るだけの大味なアメリカンレーシングなど
蛮人のスポーツだと思われていたのだ。いや知らんけど。
しかし当時のセガはあえてこのストックカーレースを題材に選び、
当時ゲーセンで幅を効かせていた某リッジに真っ向勝負を挑んだわけだ。
それでどっちが勝ったのかって?
大事なのは結果じゃないんですよ!


凄まじいスピード感! 曲がらない車!
ズッシリと重いハンドル! それを捩じ伏せる快感!
いやあ当時は本当に「セガはゲームのことをわかっているッ!」と
叫んでみては誰にも理解されずよく暴れたりしたものだ。
そんなんだから友達ができないんじゃないでしょうかね。
遊んだことはなくても、ゲーセンのどこかから高らかに聴こえた
「ディトォォォナァァァ!!」に少年時代を思い出す人も多いのでは。
まぁそれはともかく、それなりにヒットしたにも関わらず
家庭用機への移植がとにかく難航した本作。
気合いだけは認めたいがガックンガックンの画面が悲しいSS版、
見た目こそAC版並かそれ以上だが操作性がまったく違うせいで
果てしないコレジャナイ感が悲しいDC版(開発はあの元気!)と、
デイトナファンに数々の涙を流させてきた罪作りな本作も
ついにPS3でHD化されて完・全・移・植!!!!!
60fpsでヌルヌル動く! 時代がセガに追いついた!!


アーケード版そのまんまのアーケードモードは当然完備、
時間内の走行距離を競うサバイバルモードや
お題を次々クリアしていくクエスト的なチャレンジモードも追加!
もちろんトロフィーにも完全対応! 最高!
操作感はまんまオリジナルのデイトナUSA。
触った瞬間に「デイトナだ!!!!!!!!」って感動しちゃったよ。
そうそう、この曲がらない車をグリグリ曲げていく感触……!
最大40台もの敵車をズバズバ抜いていく爽快感……!
もちろんデモシーンでは例の「ディトォォォナァァァ!!」
聴ける他、あえて「VRボタンで視点も自由自在!」なんていう
インストラクションをそのまま残しているのがニクい。
無いけどね! VRボタン!


ゲーム自体は上述のとおり、
「曲がらない車をムリヤリ曲げていく」という強引さが本作のキモ。
コーナー手前でフルブレーキで強引に車の向きを変え、
リヤを滑らせながら壁際ギリギリを高速ドリフト!
さらに上級者向けに、素早くギヤチェンジを繰り返して
もっと強引にホイルスピンを誘発して、速度を落とさずに
ドリドリと火花を散らしつつ曲がるなんていう熱いテクも!
AC筐体でH型シフトを採用していた本作を家庭用移植するにあたって
デフォルト状態では□×△○ボタンをそれぞれ1〜4速にアサイン。
4速からいきなり1速に落とすこともできるし、逆も化。
このギヤドリフトをマスターしてからがデイトナUSAの本番だ。

さらになんと言っても本作の醍醐味は、最大8人でのオンライン対戦!!
レースゲームのオンライン対戦というと、廃人級の超絶テクで
異次元タイムを叩き出す猛者だらけで一見さんお断り、という感が強いが、
本作では難しいこと抜きにゴリゴリと車をぶつけ合いつつ
ゴールを目指すのが純粋に楽しく、初心者も上級者も仲良く遊べる。


欲を言えば、コースが初期作の3つしかないというのはさすがに寂しい。
移植作や後継作で追加されたステージもいっぱいあるのに……。
自機の種類も基本的に一台だけだし、まぁAC版の忠実移植なんだけど、
このへんはDLCとかでなんとかならないかなぁ。
元が900円と内容の割にはかなりお買い得価格なので、
500円くらいで追加パック出しませんか。
あとトロフィーはスタッフ曰く
「あえて簡単に獲れるようにしてある」そうだけど、
さすがに小一時間でコンプできるというのはお手軽すぎる……。
いやまぁトロフィーおいしいからいいんだけど、
もうちょっと歯ごたえがあってもよかったかな。


こういう、名作なのに埋もれてるタイトルを
現行機のパワーで蘇らせるというのは大歓迎なんで、
今後もセガの動きに大期待! スペチャンとゲットバス以降の予定が
なんにも出て来ないのがちと不安だが、AC方面に力入れてくれるなら
それはそれでアリ。てゆうかぶっちゃけダイナマイト刑事移植しませんか!
ダメですかね! 2でもいいんですが! 新作でもいいんですが!
シェンムーでもいいんですが! ダメですかね!
ああ、セガ! セガ! 我が青春のセガ!
一番好きなのがDC期のセガという、
生粋のセガヲタとも微妙に話が噛み合わない俺のこの孤独を
ピンポイントで埋めてくれるこのセガリマスターシリーズはマジで最高だ!
もっと頑張ってほしい! 蘇れ、セガ!

デイトナUSA 2001

0 件のコメント:

コメントを投稿