20111222

俺無双 猛将伝

僕です。昨日は一日なんの予定も無かったので、午前中に髪を切ったり服を買ったり
近所に住んでるおばあちゃんと昼ご飯を食べたりいろいろやりたいことをやってしまい、
午後になると本格的にヒマになってしまったので一人でカラオケに行ってきました!
二時間くらい歌って喉を爆発させてこようと思ったのですが、年末セール的なアレで
普通に二時間歌うより三時間パックにしたほうが安くなるそうなので三時間歌いました。一人で。
二時間でも喉が爆発するというのに、三時間も歌ったらどうなるのか……。
爆発した上に四散、炎上。触れるものを全て溶かし尽くしさらに有毒ガスが発生、
平穏な街を阿鼻叫喚の地獄に変えてしまうかもしれません。
そうなったらちょっと面白そうなので張り切って三時間歌いました!


死ぬ


なんか歌い終わった後で声がすごく小さくなっただけでした。知ってた。
最後の方はもう歌う曲もなくなるわ声は出ないわ、ジュース馬鹿飲みしたせいでおしっこ止まらないわ
一人カラオケのはずが一人お通夜みたいな感じになってました。もっと喉を鍛えないといけませんね。
でも一人だと気楽なせいか、普段出ない声がガンガン出たりして
テンション上がった挙げ句後で死にました。ゲロゲロです。おしっこ止まらないし。



プレイする前にやり残したこと全部やっちゃおうと無印のプラチナトロフィー取得を目指して
ひたすら作業プレイを続けてたら終わる頃には無双そのものに飽きていたという
本末転倒をやらかした真・三國無双6 猛将伝。飽きたなりにちまちまとやって
やっとこレジェンドモードの全シナリオをクリアしました! もうお腹いっぱい。
まぁ……単体として見ればそれなりに遊べるんだけど、単体として見るくらいなら
最初から無印だけ遊んでおけばいいんじゃないかという気もするし。
「無印に大満足で、できればもっとこのゲームで遊びたい」と思える人以外には
ちょっと5000円払って買うほどのものじゃないかなぁという感想。
DLCで切り売りだったら別に良かったんだけどね。

新キャラ3名(レーメーさんは復帰キャラだけど)はみんな個性的で
原作での人気も高い人たちばかりだけど、個別シナリオはせいぜい2つ3つ。
新キャラ以外の英傑伝シナリオもあくまで本編の外伝って色が濃くて
無印やってないとわけわかんないのばかりだし。
諸葛亮絡みでは1、2を争うほど有名な話なのにこれまでなぜかスルーされがちだった
「泣いて馬謖を斬る」イベントにも触れられてはいるけど、そもそも泣いてないし。
仁の世のために部下を斬るってそりゃ矛盾だろと思うのに誰もつっこまない違和感。

追加武器に関しては概ね好意的な印象で、特に無印でEX攻撃が悲惨なことになってた趙雲も
武器を「龍槍」に持ち替えてより趙雲らしい動きになったし。打球棍とかバカすぎて笑った。
ただ育成に上限がなくなったせいで武将ごとの個性は薄くなっちゃったかな……。
武器をコロコロ持ち変えるのが6の魅力だからこれでいいのかもしれんけど。

無印の欠点は丁寧に解消されてるんだけど、シリーズ通して変わらないのが
インターフェイスの稚拙さ。敗北時にわざわざ長いロードをし直して街に戻り、
またミッション受けなおして長いロードをしてマップ読み込むとか、
兵法書を買うのにいちいち初期位置が「いいえ」の確認画面を繰り返し見せられたりとか、
やる気がグングン萎えていく細部の甘さは、繰り返しプレイが基本になるこのシリーズでは
かなり致命的だと思うんだけど、このへんを組み立てる優秀なプランナーはいないのだろうか。


ただまぁ6自体がそこそこ出来がよかったので、当然ながらそのアッパーバージョンである本作も
それなりに遊べる。無双初心者にも当然遊びやすく、無双廃人には新難度「究極」や
割とガチに廃人仕様なトロフィーの数々が用意されている。俺は無理です。死ね。
てゆうか「究極」の難易度が世紀末すぎだろ……! マゾい……。
今から購入を考える人は、何よりまず無印のほうを先に遊んでみることをオススメ。
ストーリー・クロニクルを一通り遊んだ上で(60時間くらい)まだ物足りない、というのなら
是非とも猛将伝を買い足してみて、愕然としたりしましょう。
本流のオーソドックスな「無双」としてはもうやれることは全部やった、という感じですね。
そろそろナンバリングタイトルも新鮮さがほしい。まぁまだエンパがあるんだけど。



ゲームアーカイブズで伝説のバカゲー「ライジングザン ザ・サムライガンマン」が復活って
絶対俺の夢だと思ってたらガチだったのかよ! 今の日本どうなってんだ!
これディスク版が未だに定価で取引されてるレアゲーなのにいいんでしょうか。
せっかくなので、PSVをエンジョイしちゃってる方々(死ね)のためにも
今度レビュー書きますね。マジですごいからこのゲーム。ちゃんこちゃんこ。

0 件のコメント:

コメントを投稿