20120330

目鼻シボウデス

おい! いいから早く花粉なんとかしてくれよ、技術大国ニッポン!



PlayMemories Studio

torneに続くPS3の新提案、ソニーらしいサクサクの動作で写真や動画を自在に編集できる
PS3専用ソフト「PlayMemories Studio」が29日より配信ちゅう。
いやまぁそれはどうでもいいんだけど、フル使用の解除キー1500円が
なんとなんとPS+加入者は無料解法! というお大尽っぷりだったのでいちおう抑えておく。
まだDLしただけでほとんど触ってないけど。まぁ……うん。いいんじゃないでしょうか(適当)。
コレ目当てでわざわざ加入する人はそういないだろうけど、会員特典としてはまずまず。
でも俺はゲームがやりたいですよ。俺はゲームがやりたい。



http://trauma-dance.blogspot.jp/p/shiboudesu.html

善人シボウデスのレビューをまとめたのでよろしければ。
あんなに楽しかったのに、全部終わってしまって寂しい……。999やろう。明日買って来よう。
もうちょっとコレ宣伝なんとかするべきだったよなぁ。
「9人の男女が密室に閉じ込められて脱出ゲーム!」って言われても、
あまりにもありきたり過ぎて全然ピンとこないもん。VITAじゃなかったら俺も買ってなかった。
もともと一部のファンに向けたニッチ市場狙いの商品なのかもしんないけど、
でももっと色んな人に遊んでほしいなぁこのゲーム。てゆうか売れないと続編が……。







http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1203/29/news062.html

ついに情報が出始めたPS4……。
でも中古課金ってひでぇよな。まるでユーザーの方見てない。
メーカーやクリエイターに金が回るようなシステムは確かに必要だと思うけれど、
その建前に胡座をかいてユーザーに負担を強いるというのは、本当に正しい方向性なのだろうか。

不要な特典をつけて高値で販売する。
最初から入っていてもおかしくない要素を後から有料販売する。
この上、中古商品には追加料金まで発生する。

なぜゲームはこんなに金のかかる遊びになってしまったのだろうか。
中古課金の話が事実であれば、僕はもうPS4を買うことはないと思う。
それだけの金があれば、まだ遊んだことのない中古ゲームを何本も買えるし、
その中に気に入ったゲームがあれば関連商品やDLCにきちんとお金を払う。
市場の健全さのために、客に負担を強いるというのは本末転倒ではないかと、僕は思う。
少なくともなにを負担するかを選択する権利は、我々ユーザーにあるはずだ、と。

0 件のコメント:

コメントを投稿