20120301

真・三國無双NEXTはアリかナシか?


うっほっほー、UNIT13体験版キター!
また国外優先かいい加減にしろ。さっそく遊ぶ。


さて今日はPS VITA用ソフト、真・三國無双NEXTのレビューを!


真・三國無双 NEXT

VITAロンチソフトとして12月17日に発売した本作。
PS3ソフト「真・三國無双6 猛将伝」をベースに、VITAの各種インターフェイスに合わせた
新機能を盛り込んで、携帯機向けにアレンジした三國無双シリーズ最新作であります。
発売後から据置機版に劣らぬクオリティで、半ばハッタリ的に「VITAすげぇ感」担当を
一身に背負っていた一本ですが、さらに2月配信の通称「ワラワラパッチ」の適用で
敵キャラの描画数が驚異的に増加。無双としてのクオリティをさらに高めました。

基本はこれまでの無双シリーズ同様、迫り来る敵をザバザバ切っていくという内容です、と
簡単に言ってしまいがちですが、性質上マシンパワーを要求する本シリーズにあって、
携帯機で「いつもの無双」が遊べるというのはまさに新時代的。
三國5SPとかの後に遊ぶと人間の技術ヤバイ感を存分に味わえます。
「6」の象徴だったヴァリアブルシステムは潔く排除され、各武将で武器種は固定。
ただしモーションは基本的に従来のものを引き継いでおり、
オロチ2で固有モーション化した武将も「6」のまま、必然的に一部キャラはコンパチ扱い。
開発期間の問題もあるでしょうが、ここはちょっとだけ残念。
代わりと言ってはなんですが、新たなアクションもいくつか追加されました。
まずは様々な操作方法で強力な攻撃を放つ「神速乱舞」
タッチパネルを擦る、背面パッドをなぞる、本体を直接動かすジャイロセンサーなどなど、
VITAの各種インターフェイスをフル活用することで、これまでの無双乱舞とは別に
広範囲・高威力・無敵の爽快強力技を使用することができます。
次は敵拠点を一撃で陥落させる「ダイレクトブレイク」
無双ゲージとは別に用意されたブレイクゲージを貯めて、
画面上の敵拠点を直接タッチすることで発動。その瞬間拠点は蒸発、奪取できます。
本作は拠点の奪い合いがキモですので、この新要素の使いこなしが非常に重要になってきます。
最後はRボタンワンタッチでいつでも出せる「チェイン攻撃」
発動させることでほとんどの行動をキャンセルして0Fで攻撃を放てるという、
従来シリーズを遊んだ方であればその脅威が一瞬でわかるチート攻撃。
隙の大きい技を放った直後に使用したり、攻撃がスカった時にデメリットなしに仕切り直したり、
まさに使いこなせばやりたい放題、あなた無双です。これ標準装備にしてほしいわ。


システム的には6というより5の頃のものに戻った印象で、
フィールドに点在する拠点を、拠点内の敵兵を倒して奪い合うというものに。
一部を除いてフィールドもやや小さめの簡素なものになった反面、敵の動きを常に把握して
西へ東へと走り回る必要が生まれ、自分で戦略を組み立てる旧来の無双に近くなりましたね。
さらに5エンパにあったカード内政も復活、戦場に出発する前に発動させておくことで、
敵を弱体化したり、或いは味方武将を強化することも可能です。
戦場で勝利することで敵の領地を奪い合う……というのも5エンパに近い。
全体的に「6の操作感で5エンパを遊んでる」という印象。6エンパどうするんだろうね。


最初に少し触れたけど、グラフィックの完成度はまさに驚異的なレベル。
FPSがやや不安定な点を除けばほぼ据置版と遜色がなく、また敵の描画数も非常に多いので、
シリーズを遊んで来たユーザーでも十分な爽快感を味わうことができます。
携帯機でコレができる時代になったんやなぁ……。感慨深い。
これまでスペシャル商法に関しては批判的なスタンスでしたが、
これに近いクオリティでVITAで出してくれるならスペシャル移植も大歓迎。GK歓喜の涙。


ただ例によって新しいハードのロンチにありがちな
「とりあえず新しいインターフェイスを使ってみました。ちんぽ。」的な新要素は
ことごとく滑っており寒い。突発的に発生する「アクシデンタルバトル」
やれ「タッチして向かってくる敵を倒せ」だの「飛んでくる矢を撃ち落とせ」だの
いちいちめんどくさくテンポを阻害するだけで何一つ楽しくない。
他にもレースゲームもどきやガリガリパネルを擦らされるミニゲームも山盛り満載、
極めつけが敵武将との一騎打ちで、「INFINITY BLADEを下手に作るとこうなる」みたいな
粗悪品のワゴンセール状態。誰が得してるんだよコレ。
ジャイロセンサーを使ったゲームにありがちな
「携帯機なのに本体ブンブン振り回すのが恥ずかしくて外で遊べない」問題には
一応右スティックでの操作に置き換えることも可能で配慮されてる点は評価するけど、
そもそもこんなやっつけミニゲームさえなければそんな配慮も必要ない。
そういうのは他のゲームに任せておいて、無双はグラでハッタリかましとけばいいのに……。


据置版に足りなかった部分を補完しつつ、「携帯機だから」という甘えがない、
あらゆる要素を詰め込んで破綻させずにまとめあげたという点は実にすばらしい!
というか最近は据置でも粗雑なものばっかり乱発してる無双なので、
使い回しとはいえちゃんと遊べるようにできてるってだけで評価したくなるのは
信者ゆえの甘さですかね。まぁでもロンチでこの出来は普通にすごいですよ。
これで余計なサービス精神さえ爆発してなければなぁ……。
戦国クロニクルはうまくいってただけにもったいない。
とにかく「VITAでは無双が作れる」ということは十二分にわかったので、
この次の展開、あるいは既存作の移植なんかにもどんどん期待したいですね。
無双4HDとかでも全然オッケーですよ。つーか7出されるより嬉しいんだけど。



気がつけば3月1日。ワンピース無双のことをすっかり忘れてGT4やってた今日この頃……。
まぁ明日か明後日に暇つくって買ってきます。さぁUNIT13やろうず。

0 件のコメント:

コメントを投稿