20120302

UNIT13を買うべきか見送るべきか

カメラ操作反転症候群の患者に配慮しない洋ゲーの風潮マジFuckkkkkkkkkkkkkkk!


というわけで今日のレビューは昨日配信されたてVITA用ソフト
「UNIT13」のカメラ操作左右反転できない体験版! 本編は来週発売!


さてカメラ操作を左右反転できない本作だが、ジャンルはTPS。
和ゲーで言えばカメラ操作左右反転できるバイオ4やMGSシリーズに近いタイプのシューターで、
ステルスしつつ敵兵を排除することが主眼となった作り。カメラ操作反転できないけど。

そのせいか和ゲーでは信じられないくらいにプレイヤーキャラが紙装甲で、
うっかり複数の敵兵相手に正面突破などしようものなら3秒で蜂の巣。
カメラ操作左右反転できないせいで咄嗟のエイミングが効かないのもキツい。
だがステルスを前提にすれば敵兵の配置はなかなかよく考えられていて、
割と覚えゲー的な側面も。カメラ操作左右反転できないのは変わりませんが。
このあたりに「FPSやない、時代はTPSや」という製作者のこだわりが活きていて、
難易度こそ高いけど初心者お断り、という敷居の高さは意外とあんまり感じない。
タッチパネルを駆使したインターフェイスは最初こそ戸惑うものの、
慣れればR3・L3ボタン感覚で使用できます。カメラ操作反転できないのには慣れないけど。

体験版で遊べるのは操作方法を学べるチュートリアル(ただしカメラは反転できない)と
敵基地に潜入して新兵器の破壊工作を行うミッションがひとつ(カメラは反転できない)。
製品版でのミッション数は36にものぼるそうで、1ミッションがやや長めの本作では
これはなかなかのボリューム。もちろんインターネットを介してCo-opを行うことも可能。
カメラ操作は左右反転できないが、全ミッション高評価を狙おうと思うと
一ヶ月はみっちり遊べそう。てゆうかMGS:PW HDとか今でも遊んでるくらいなので、
TPS好きなら際限なく遊べるかもしれませんね。DLCにも期待できるし。


てゆうかなーーーんーーーで!! なんでカメラ操作左右反転できないの!!
上下反転はできるのに! もうここで一気に萎えた……すごい期待してたのに。
実は和ゲーの充実したオプションに慣れると忘れがちになって時々つまづくんだけど、
外国のガンゲーとかだと割とカメラ操作反転できないゲームはあったりする。
たぶん発祥元のPCゲーがマウス操作だからなのかもしれないけど、
あんまり反転して遊ぶシューターはいないんだろうか。
でもオプションに1項目足すくらい、プログラマなら30分で作れるでしょうが。
「カメラ操作反転できないから遊ばない」って人も、それほど多くはないにせよ
確実にいると思うんだけどね。そう考えると全然手間じゃない気がするんだけどな。

しかもせっかくVITAで出すのにジャイロセンサーにも未対応……。
なんでよ! アレいいのに! こんなのMove非対応のFPSくらいありえないよ! 普通か!
アンチャやダゼが非常に快適な操作だったので(無双のことは忘れましょう)、
てっきり普通にジャイロ対応してくるもんだと思ってた。
補正が強いので割とヘッドショットは簡単に狙えるんだけど……うーむ。
ぶっちゃけ、なんでこのゲームを買おうとしてるのかわからなくなってきた……。

いや、面白そうなのは変わりない。発売日までにあと何回か遊んで
カメラ操作に慣れたら製品版も引き続き遊んでみたいとは今でも思ってる。
でもとりあえず、発売日購入は見送るかな……。製品版で対応してたって報告があったら
それから買います。これって機会損失じゃないかと思うんだけどなぁ……。


http://www.jp.playstation.com/scej/title/gravitydaze/download_page.html

そんですっかり忘れてたけど、ダゼのDLC情報きてるー!
三週連続!!!! 第一弾はネコミミジャンプスーツ!!!!!!!
なんだよこれ……捗りすぎだろ常識的に考えて……。褐色おっぱいたまらんだろ……。
これは家財を売っぱらってでも買うわ。連続配信は3月22日からスタート!!!!

0 件のコメント:

コメントを投稿