20120518

デジモンアドベンチャーの思い出。アノードテイマー/カソードテイマー


ぼんやりと懐かしのアノードテイマーを遊んでノスタルジーに浸る今日この頃。
せっかくなので俺はワンダースワンソフトのレビューを書くぜ!
うっかり今月全然レビュー書いてないし! これはいかんざき!



デジモンアドベンチャー アノードテイマー WS 【ワンダースワン】


デジモンアドベンチャー・アノードテイマーはワンダースワンにて発売された、
TVアニメ「デジモンアドベンチャー」の初めてのゲーム化作品。
バンダイ主導のハードとあって、結構レアな当時のキャラゲーがワンダースワンではいっぱい出ましたね。
これもそんな中のひとつ。少し遅れてヴァージョン違いの「カソードテイマー」が出ましたが、
こちらは登場するモンスターが多少違うだけの、いわゆるポケモン商法ってやつですね。

内容はデジモンアドベンチャー(通称「無印」)のエンディング後が舞台となったSRPG。
太一たち選ばれし子供たちの活躍で平和が戻ったデジタルワールド。だが再びデータの歪みによって
世界は危機にさらされ、太一もデジタルワールドで行方不明になってしまう。
そこで9人目の選ばれし子供「リョウ」が太一たちに代わってデジタルワールドを救う旅に出る……
というのが大まかな内容。脈々と続くことになる「テイマー」シリーズの最初の物語となります。
設定的にはパラレルですが、リョウさんは映画「ウォーゲーム」でなぜかチベットにいたり、
アニメ02にもちょこっと出演したり、その後時空を飛び越えて「テイマーズ」でついに
正式にアニメデビューしたりと、知る人ぞ知るデジモンの「裏主人公」でもあったりします。
まぁクロスウォーズには呼ばれなかったけど。

出てくる敵もアニメ版でおなじみのデビモンやエテモンといった強敵たちで、
キャラゲーのツボをしっかり押さえた出来。バンダイもやればできる時期があったのです。
その一方でスパロボ風の戦闘パートはかなり大味でシンプル、かつ高難度で人を選ぶという、
なんともチグハグな出来になってしまってるのですが。
アニメ版でおなじみだった「進化」の要素はオミットされ、代わりに特定のデジモンの組み合わせで
思い付く召喚技(?)「ヴァリアブル攻撃」で完全体や究極体のデジモンを呼び出して
強力な一撃を敵に浴びせることが可能。この組み合わせ探しはなかなか熱いのですが、
通常戦闘も含めてなんにせよランダム要素が多く、SRPG風のゲームデザインながら
戦略要素よりも運ゲーとしての側面が大きくて、前述のとおりかなり大味な手応え。
このあたりは非常にバンダイらしいというか、ワンダースワンのゲームっぽい安っぽさで、
割り切って遊ぶ分には問題はないのですが、今遊ぶとさすがに辛いものがありますね。
地獄の沙汰も金次第、ということで、回復アイテムを買い貯めてゴリ押しで頑張ってください。

好きな組み合わせの3体で戦闘に挑めたり、一枚絵のクオリティが意外にもなかなか高かったり、
またストーリーもけっこうしんみり系のエンディングだったりして、
アニメ版が好きだった人には特にオススメの佳作に仕上がっております。
こういう侮れないゲームが安価で遊べたのもワンダースワンの魅力だったりしますね。
わざわざ移植するほどの出来ではないけど、なんとなく心に残るゲームが多いというか。
いや今がどうとか言うわけじゃないですけどね。はい。




機動戦士ガンダムUC (Mobile Suit Gundam UC) 5 [Blu-ray]

5月19日はガンダムUC第五話配信スタート!!!!!!!!!!!
もう間もなくですよコレきたコレ。未だに暇な時に一話見返すくらい好きです。
まぁあの一話の高揚感は今のところあれ一回きりですが。なんにせよ楽しみ。

0 件のコメント:

コメントを投稿